FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.20 20:31|心と身体-生き方づくり
20090320-01.jpg


mixiで流行っているらしい「初恋の人からの手紙」をやってみた。
簡単なアンケートに答えてクリックすると、初恋の人から届いた
手紙をイメージした内容の文章が表示され、
「あなたの恋愛のタイプ」などという分析がそのあとに続く。

この手紙はなかなか当時の私を言い当てている気がして面白く
その後も尾を引いていろいろと思い出してしまってる。

懐かしいこと、気恥ずかしいこと
未だにわからないこと、今だから理解できる事

中でもある人に言われたポロポーズだったかもしれないこの言葉は
今だったら体内を血流に乗って心地よく循環しそうだ。

「一緒に物語を作ろう!」

この人とは本当に良く遊んだ。
暗号をやりとして不思議な場所に呼びだしたり、
写真を撮り合ってストーリーを作ってみたり。

そんなある日、「ずっと一緒に物語をつくろう!」と彼が言う。
軽薄な私は「そだね」と答えた。

そして今は互いに別の人と物語を作っている。
だけどあの瞬間に共に創った物語は今も互いのどこかで
語り継がれているのではないだろうか。

人は生まれた時から、生まれた国、その文化、言葉、時代、家庭や社会の環境、、、
様々なものに拘束され、操られ、その中で「自分」を生きている。
「運命」という言葉である程度は受け入れながらも、それでも様々な人と
コミュニケーションする時、そこに新たな物語を自由に作り出す事が出来る。

その相手は人には限らない。
ヘミングウェイの「老人と海」の魚とのコミュニケーションは凄まじい!

それはクモが小さな体で精一杯
風や光や木々の成長を感じながら
少しずつ少しずつ糸をかけていく様に似ているなぁと思う。

一人と一人の物語が、また誰かと誰かの物語に絡み合い
気がつくとこの世にたった一つの壮大な絵巻を作りだしている。

誰にも邪魔される事はないようで、実はあらゆるものの影響を受けている。

「宇宙は織物のようなもの」という事を様々な人が表現しているけれども
誰かと、何かとコミュニケーションする時そこに生まれる物語こそ
自分が消えても織物の一部として世界に色を添えていくのだろう。

誰かと共に生きる事
今、コミュニケーションしているという事
その人を見つめるのではなく、その人と同じものを見つめる事

かけがえのないいとおしい時間だと、春の日差しの中でふと思います。

いつか独りで逝くその日まで、一緒に物語を作ろう!
スポンサーサイト
2009.03.16 12:21|遊-私づくり
子供たちがそれぞれ手作りしたWhiteDayのレシピ・・・
とても簡単でアイディアで乗り切る感じなのに
妙にアート感覚もあり、なぜか高級感も漂い
あまりに美味しかったのでご紹介します。

★☆中学生の娘の割チョコレシピ★☆

彼女は例年どおり友達と大量にバレンタインに友チョコってやつを交換。
そのお返しに10個を超える割チョコを制作。

*シンプルなチョコを湯煎で溶かす
*玄米フレークを大量に混ぜ込む
*ドライラズベリーとレーズンを入れる
*平たいステンレスのトレイに溶けたチョコに上記のものを
 混ぜた生地を薄く伸ばしながら板状に流し込む
*冷蔵庫で冷やす
*冷えて固くなったら適当にフォークなどでたたき割って
 トレイから外してラッピング♪

☆★高校生の息子のミニメロンパンクッキー★☆

バイト先などでいただいたチョコのお返しに数名分作ってました。

*バターを湯煎で少し溶かしてクリーム状に練る
*砂糖を混ぜさらに練る
*小麦粉を混ぜ練る
*胡桃を細かく割っておき、この生地に混ぜ込む
*全体をクッキー生地くらいの固さにまとめる
*2センチくらいの球をつくっていく
 (これが粘土団子作りのようで楽しかったです、笑)
*170度に熱したオーブンで20分焼く
*取り出して粉砂糖をまぶす
*数時間置いてすっかり冷えた所でラッピング♪

これ、温かい時は高級なミニミニメロンパンのような味わい。
完全に冷えて固まると、口の中でふんわりと溶ける高級感が!!!

いいなぁ、これをもらう女の子・・・

と私と娘は心底思いました。
2009.03.13 22:29|灯-キャンドルづくり
このイベント会場にて蜜蝋のシート(ミツバチの巣を原料としたちょっと
蜂蜜の香りのするロウです)を使ったシンプルなキャンドル作りをします。

「森(水源の恵み)フェスタ2009」

日時:2009年3月14日(土) 10:00~16:00
場所:かながわ県民センター

内容:神奈川県民・横浜市民にとって、山梨県富士山と神奈川県丹沢大山
  に発する相模川(桂川・道志川)と酒匂川は水道水源です。
  流域は運命共同体です。私たちはは水道水源の恵みに浴しています。 
  水源木材・間伐材を活用し、豊かな農産物・水産物を地産地消で生活
  の中でもっと取り入れて、水の道(水道)と同様に、木の道、食の道も
  創造して水源地域を再生させましょう。
  子孫のために、地球環境のために、新しいエコライフスタイルと
  ビジネススタイルを創出しましょう。

詳細:http://www3.atword.jp/mori/event/festa2009/

みなさんから投稿いただいた「気になる木」の写真も展示します。
ありがとうございました!!
2009.03.10 20:15|土-野菜づくり
3/8 3/9 にそれぞれ自然農で野菜を作っている拠点にて
粘土団子を作る会を開催しました。

3/8には自然農で粘土団子から誕生した大根、カブ、ルッコラ、白菜などを
試食させていただきながら、粘土団子にますます熱い思いを込めて
たくさんのメンバーでまあるい10円玉くらいの大きさの粘土団子を次々と
つくっていきました。
090308-02.jpg

3/9には自然農の畑で採れた野菜を使ったお料理も提供しているお店
「へっころ谷」にて温かいお店の雰囲気と香りに包まれながら
RainmakerProject代表榎田氏のケニアのお話を聞き、そのあと粘土団子作り。
世界を一つにつなげる粘土団子、気持もこもります・・・
090309-08.jpg

粘土団子には不思議な魅力があります。
粘土団子から出てくる芽には不思議なパワーがあります。
粘土団子から実った野菜には迸るエネルギーがあります。

4月には両方の畑に粘土団子を蒔きます。
また両方で50名を超える参加者のみなさんもそれぞれお持ち帰りになったので
あちこちで新たな命が誕生することでしょう!楽しみです。
090309-07.jpg
2009.03.03 20:43|緑-森づくり
■□Rainmaker Project活動報告会開催のお知らせ
2009kenya_02_20090303210105.jpg

「緑の大地から」~ Rainmaker ケニア活動報告 ~

2月17~25日、Rainmaker Projectは粘土団子ワークショップと播種のため、ケニアで活動してまいりました。帰国後の報告も兼ね、3月6日(金)、横浜市中区のZAIMにてイベント『緑の大地から~Rainmaker ケニア活動報告』を開催いたします。是非、皆様お誘いあわせの上ご来場下さい!

詳細→→http://www.rainmaker-projects.com/

日時:2009年3月6日(金)  開場:18:30  開始:19:00
場所:ZAIM 別館2Fホール(横浜市中区日本大通り34)

   http://za-im.jp/php/modules/info/rewrite/tc_7.html
主催:NPO法人 横浜アートプロジェクト Rainmaker Project
   http://www.yokohama-artproject.com/
共催:ZAIM FESTA 2009 実行委員会 
協力:ZAIM(財団法人横浜芸術文化振興財団)
   YCAP

入場料:無料(ドネーション歓迎)
出演:藤原一繪(横浜国立大学教授[植生学])   
    榎田竜路(NPO 横浜アートプロジェクト理事長
                Rainmaker Project 代表)

ナビゲーター:川崎義博(サウンドアーチスト・サウンドデザイナー・東京芸大・J-WAVE)

≪タイムテーブル≫ 19:00~21:00(終了予定)

1)オープニング: RAINMAKERメディアアート上映

2)イントロダクション:
世界を旅して自然の音を録音して来た川崎氏。今回のケニアでの印象、ボルネオの森の事、チュニジアの砂漠(300年前は緑の大地)の事など世界の森と森林減少について音と映像を交えつつ語ります。

  ナビゲーター:川崎義博 http://www.soundbum.org/

3)活動報告&トークセッション
  各パネラーより、ケニアでの活動、今後の事など、ケニアへの思いを込めてお話しいたします。 

☆★
今回は横浜国立大学院環境情報研究所の藤原一繪教授の協力のもと、ナイロビ大学の植物学者、サイモン・マテンゲ氏・パトリック・ムチーソ氏両氏との持続可能な森林作り協同プロジェクト『SATOYAMA SYSTEM』第一弾として、ナイロビ郊外のOngata Rongai(オンガタ・ロンガイ)にて、地域住民の皆さんと共に粘土団子作製と播種を行いました。
また、Kibwezi(キブウェジ)のムイタシャーノ小学校でも子供たちと一緒に作製・播種を行い、田口製作所のソーラーシステムを寄贈しました。地域の子供達の教育の向上の一助になればと願っています。
今回も活動の様子をたくさん写真に収めてきています。中でも粘土団子の作り方を聞いている子供たちの、たくさんの真剣なまなざしはとても印象的です。
当日はなるべく多くの写真をご紹介したいと思っておりますので、どうぞお楽しみに!
★☆

2009kenya_03_20090303210400.jpg
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

洋子(吉田/江藤)

Author:洋子(吉田/江藤)
◇所属
アルファワイズテクノ株式会社
Earth Voice Project

◇興味
ソーシャルメディアの研究
粘土団子による家庭菜園
ミツロウのキャンドル作り

◇Personal
二児の母・愛犬はコーギー
福岡県出身

counter

検索フォーム

We Love Japan

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。