FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.30 15:29|心と身体-生き方づくり
日本語には日本人独特の生活感に根付いた言い回しが多く
ほのかな色や香りや奥行きを感じさせてくれる。

でもこの「身二つになる」はずばりそのもの!!
「妊娠」「出産」

女性にしか実感は伴わない。

10代の二人の子供がいるので、妊娠出産はもう10年以上
前のことになるのだけれど、今でもこの子たちが自分の身に
宿り、ともに10カ月を過ごし、身を離れて「身二つになった」
瞬間のことをよく思い出す。そのたびに臓器たちが体内で
心地よく疼く。頭でなくこの体が反応する命の存在なのだ。

ハリー・ポッターではハリーの宿敵(まさに宿命!!)「例のあの人」こと
ヴォルデモートが分霊箱に自分の魂を分けて保存する事で
永遠の命を得ようとする。その複数の分霊箱を懸命に守るわけだが
それはあくまでも「自分」という命への執着であり、そこに愛はない。

だけど子供という存在はなんだろう・・・・
まさに自分の身を分け、別の命として生きようとする事を
全身全霊で支え、応援したいと願う。誰と比較することもなく
ただただ唯一の存在としていとおしく、尊厳を感じる。

なんとしても、この命に生きてほしいと願うのが親なのだ。
それが人間という生き物の本質なのだ。
ただ女性は身二つに(3つや4つにも!)なっているので
その命が離れても、見えなくても、どこかで輝いてほしいと願う。
それが自分の生きる意味であり、安らぎである(もちろん例外はある)。

男性はどうだろうか。歴史や現実を見る限り、子供に残したいもの
委ねたいもの、伝えたいものは女性とはかなり異なっている
様にも感じる。でも本当は男性も「身二つになった」のだよね。
その実感が女性のようには持てないのは生命体として致し方ないし
それ故に親戚一同も含めた「家族」「親族」というチームを統率し
守るという意識が目覚めるのかもしれない。

ある人に「一蓮托生かお別れか選べ」と言われたとき
私の中に女性としての身二つである存在への愛と
家族の一員としての親族への愛着があふれかえるのを感じた。

「この安穏とした場所に甘えたいだけではないか」とも思う。
そうかもしれない。だけど私は仕事より、世界より、未来より・・・
今をこの場所で共に生きているつながりのなかで、
自分が必要とされている場所で
自分にしかできない事を選ぶしかないとはっきり感じた。

私が生きた意味も、生きている意味も、きっとここにある。
それにもし自分に子供がいなくても、母親は必ずいるのだから
私たちはみな「身二つ」であるんだね。。。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
DSC_1043_convert_20090930152421.jpg
スポンサーサイト
2009.09.29 16:25|心と身体-生き方づくり
アラゴクと言えば、ハリーポッターでハグリットがかわいがっている
巨大毒蜘蛛である。あぁ、いやな予感がするな~と思った方・・・
蜘蛛の写真なんか見ちゃった日には夢に出てうなされるという方・・・
!!注意!!

「ぎゃー!!手のひら大のクモが壁を這ってるーっっっ!!!」という叫びが
子供部屋やキッチンやご主人が入っているトイレから聞こえてきたら
それは日本では99%この「アシダカグモ」である。

このクモは夜行性で、夕食後の時間に薄暗い部屋の壁に突然現れ
じっとしていたかと思うと、主婦の天敵ゴキブリ君にも勝る素早さで
ギャーッという間に軌跡も残さず姿をくらます。
それゆえより大きく、よりたくましく見えて恐怖心をあおるのだが
実際には人間には全く害はなく、ゴキブリを大の好物とする
肉食のおとなしいクモ。7,8センチから12,3センチのものまで
いるらしいので、確かに印象は手のひら大!!

さぁ、我が家のアラゴクくんの写真、そろそろでますよ~!





クリックすると大きくなります。



↓↓

ashidakagumo.jpg

平気な方はぜひクリック!
背中の模様がどくろのように見えてまた一段と愛らしいです(笑)。

実は昨年まで毎年のように春と秋に姿を現すこのクモに
私をはじめ、我が家の人間どもはみな大騒ぎでした。
ところが今年、いつもよりちょっと早い時間、夕刻にそっと姿を見せ
パソコンの周囲をゆったり動く姿を見ているうちに、たまらなく
愛着が湧いてきたのです。不思議なことに私がそうなると
家族全員がそう思うらしく、その後数日続けてあちこちで姿を
見るたびに「餌がいないんじゃないかなぁ。寒くなったから・・・」
と子供たちも心配するようになったほど。

さて、このアラゴクの餌はハエなどの小さな虫なのですが
何といっても最大の好物はゴキブリ!!!

それも一匹を捕獲中に、もう一匹発見しようものなら
ゴキブリには抜群に効くしびれ毒をかませて、即もう一匹を
攻撃するというゴキブリホイホイや殺虫剤や人間の悲鳴なんて
到底太刀打ちできない芸当を繰り広げてくれるそうだ。

あぁ。ぜひ一度、その現場を見てみたいものだ。

ちなみに我が家はマンションだし、程よく汚い。
それにしてはこの6年間、ゴキブリを年に一匹見るか見ないか
で済んでいるのは間違いなくこのアラゴクくんのおかげだと思う。

ますます愛着と感謝の念が湧きまくるではないか!!!

苦手な人が多いクモだけど、彼らの生態系の中で果たす役割は貴重。
餌にピンポイントで合わせた環境に住み、多くの場合人にとって害虫と
なりがちな者達をいい感じで捕獲してくれる。

ただこのアシダカグモは屈強そうな見かけによらずおとなしく
寿命も3年から5年と、そう長くない。
次世代も住みついてくれますように
そのためにも餌を絶やさないようにしなきゃ(笑) 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
2009.09.27 16:46|心と身体-生き方づくり
あなたが他人に
してあげられる
最も偉大なことは、
冨を分け与える
ことではなく、
その人の中にある
素晴らしさを示してあげる
ことでなのです。

(by ベンジャミン・ディズレーリ)


自分の中の素晴らしさを発見すること
それを素直に、そして謙虚にいとおしむことが
何より難しいと今私は痛切に感じています。

それに引き替え、自分を卑下すること、欺くこと
悲観すること、あきらめることはいともたやすい。

どうしたいのか、どうなりたいのか
ではなく、ただ自分であるために
私はもう一度でも何度でも立ち上がりたく思う。
方法はなんでもいい。
がむしゃらになれる方法であれば。
2009.09.23 00:15|笑-愛ある暮らしづくり
昨日のプリンが入っていた有田焼のそばちょこは
早速お惣菜を入れたり、かりんとうを入れてみたりと
秋の食卓にぴったりな彩りを添えてくれています。

pudding01.jpg

それにしても秋の食卓に和の雰囲気はぴったりね♪

ちなみに後ろに映っている鉄鍋はしゃぶしゃぶをした後です(もう空っぽ)。
我が家ではレタスを豚肉と一緒に鍋に放り込みます。
これがめっちゃうまい!!!興味持っちゃった人はやってみてちょ。

プリンが入っていた時の姿と、栗と黒豆が載ったロールケーキも
パシャ!▼
pudding02.jpg roll01.jpg
秋はダイエットには向かないね~~(悪魔のささやき)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
2009.09.21 21:03|笑-愛ある暮らしづくり
おめでとうございます。

今日は日本一、この日が誕生日のひとが多い日
どうやらお正月仕込みの方々だそうです(笑)。

ということでお正月仕込みの私の連れ合いのBirthdayに
秋らしい食事を作り、近くにできた和菓子のお店に
娘と愛犬と一緒にケーキを買いに出向きました!!

和菓子のお店でケーキ???

090921_1804~0001

ここはふるーーーくから和菓子のお店があったのですがつい最近
がらりと改装。行ってみると和菓子職人のおじいちゃん、おとうさん
そして洋菓子職人の息子さんが加わって3世代のお店へと。

090921_1805~0001


ケーキにも栗と黒豆がのっかってたり、プリンが有田焼の陶器に
入っていたりと和の要素が盛り込まれていて個性的。
3世代とそのお嫁さんたちがきりもりしている店内は温かく
夕刻には売り切れ続出という人気ぶりです。

家族の温かさが詰まったお店とお菓子たち。
大好きな空間が近場にひとつ増えて大変うれしく思ってます。

※ちなみに有田焼プリンの画像は明日アップします(食べてから 笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
2009.09.20 15:43|笑-愛ある暮らしづくり
中学校の文化祭は「文化発表会」と呼ばれている。
私のころはどうだったかなぁ・・・忘却の彼方。

娘が実行委員メンバーでもあり、美術部員なので
文化祭は大層張り切っていて、この数週間
準備にかかりっきりのようだった。

彼女は絵を描くのがめっぽう好きで、テレビを見ていても
食事の前後も、暇さえあれば絵を描いている。
外出していても少し時間が空けばバックから
ノートと鉛筆かペン(copicがお気に入り)を取り出す。

そんな彼女なので、体育祭に引き続き、文化祭も
パンフレットの表紙を担当。親の贔屓目抜きでも
なかなかのものだと思う。これこれ↓

art0909-03.jpg

さらに美術部で出展されていた娘の砂絵(魔女宅みたいなの)とイラストも
親ばかモードでご紹介しちゃいます~♪

art0909-01.jpg

これから娘との協働作業で何か小さくてもいいから事業を興してみたい。
そんなことを話し合う日々は楽しい。

ちなみに小さい頃はぽにょのようだった娘の
おバカな写真は山ほどあるのでそのうち公開しちゃおうっと!!

今でも彼女は突拍子もないことを時々口にしたり行動にするので
家族の中で「金星人ならぬ金魚星人」と呼ばれております。

2009.09.18 09:20|笑-愛ある暮らしづくり
手抜きは得意技だ。
息抜きになるとさらにうまい。

でも「気を抜く」と思わぬことになる。
最近ここにもっと注意しなきゃならんと思う。

・・・ 気を抜いた瞬間の数々の失態 ・・・

■ scene1
雨の中レインコートを着て傘を片手に自転車で爆走していたとき。
目的地が目の前の下り坂にさしかかって思わず気を抜いた

その瞬間!!!

レインコートが後輪にざざーーっと絡みつき
跳ね上がったハンドルに頬を殴られそのまま気絶。
気がついた時は道端に転がり雨に打たれる私を
「大丈夫ですかぁー!!」と見下ろす通りすがりの方々。
その後1週間、顔が腫れ上がり、家族にも「誰?」と言われ
飼い犬にも吠えつかれそうなほどだった。

未だに頬骨と唇にしびれが残っている(涙)。

■ scene2

主催するイベントに向かう私はいつもの通り
トランクに小道具をつめこみガラガラガラガラと転がしながら
駅までの道を急いでいた。
左手にトランク、右手には携帯。
「今出ました。30分前には着きます。」と、携帯メールを
片手で打ち込み送信しようとした
その瞬間!!!!!

ぼてっ

お笑い芸人が訓練するというためらいのない
顔面コケを、なんと歩道でやらかしてしまったのだ。
歩道の段差にトランクが”ガッ”とひっかかり、両手が
ふさがっていた私はそのまま真正面に90度の角度で倒れた。
その瞬間を目撃した人がいたらどれだけ驚き&笑いのつぼに
はまったろうか。思い出し笑いで数年楽しめたに違いない。

痛みに勝るはずかしさに
何事もなかったかのように立ち上がりその場を立ち去った。
足の擦り傷くらいしか怪我がなかったのが不思議。
鼻くらい折れていてもおかしくないのに(苦笑)。

送信しかけていたメールをちょっと書き変えて送信。
「今出ました。20分前に着きます。」
このときちゃんと立ち止まって送信したのは言うまでもない・・・・・


そして今朝も、アイロンが自分の足に向かって飛んでくる羽目に陥った。

手を抜くのも、息を抜くのも、大好きだし必要だと思う。
でも、ほんの一瞬でも気を抜くのはとにかく危険だ。
忘れないように日記にも書いておこうっと。

image_02.jpg

この写真の後、上述の二度の顔面殴打事件を経て
もはや面影はありません、、、笑
2009.09.15 23:14|笑-愛ある暮らしづくり
昨日に続いて今度は空耳ならぬ言い間違い~

そもそも我が家のPC3台が突然DNSを取得できないという
エラーでつながらなくなったため、設定しなおしたりしながら
夕飯の肉団子の準備をしていたのが最初の間違いだった。

その時携帯が鳴り、家の中では最近つながりが悪いので
中庭に出て話しているうちに・・・我が家の換気扇から
煙がモクモクモクモク・・・・!!!! あぁーーっ””

油をかけた中華鍋から真っ白な煙が立ち上り
キッチンからリビングまで煙幕に覆われている。
そして喉を突き刺すような匂いと煙の痛み。
「これは火災訓練よりずっとリアルだ」と
アホなことを娘と言いながら口元を濡れタオルで押さえて
喚起とすっかりタール状にどろどろになってしまっている
油と格闘することになる。肉団子を投入する前だったのが
せめてもの救い。そのまま肉団子鍋へとメニューが変わった。

その時息子が帰宅。
「はらへったぁー」

パソコンに向かっていた私は息子に向かって
「揚げようと思っていた粘土団子が鍋に変わったけどそれでいい?」

息子「は???? 粘土団子???」

あ。

その時私は「粘土団子で地球緑化」のwebsiteの更新作業をしていたわけで。

息子&娘 「まじでありえるから怖えぇぇぇ!!!粘土団子鍋」

火災報知機が鳴る寸前だったミスよりも、
粘土団子鍋が印象に残った秋の一日であった~

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
2009.09.14 20:53|笑-愛ある暮らしづくり
ここ数日、やばい・・・と思う現象がある。

*シーン1
台所で洗い物をしながら中学生の娘と話していた時。

娘「・・・・・・」
私「あぁ、ここにあるよ」
娘「え?なんて聞こえた?」
私「水筒知らない?って言わんかった?」
娘「試験結果知りたい?って言ったんだけど」
私「・・・・・(汗)」

*シーン2
洗面所でドライヤーをかけながら高校生の息子と話していた時。

息子「あー。・・・・・・・」
私「長袖にしたら」
息子{あ?なんて聞こえた?」
私「今日は何か寒いな、鳥肌が立ってきた って言わんかった?」
息子「あー、だるい。今から学校行っても歴史しかないしなぁ と言った。」
私「・・・・・・・・・・・・・・(困惑)」

息子「もはや空耳というレベルじゃないな。幻聴だぞ!!!!」

私はどんなボケ方をするのだろうか
ちょいと心配になってきた秋であった。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
2009.09.10 01:13|未分類
環境情報を美しい動画で伝えるサイト green TV がcop10をにらんでかな?
そのものズバリ「生物多様性」というサイトをオープンしました。

私が関わっているYAP RainmakerProject関連の動画も
掲載されていますのでご紹介します。

「アフリカに里山を」 
Rainmaker Project-against desertification
モノカルチャーが砂漠化を呼ぶ
http://www.cop10.com/species-forest/000090.html


ここに紹介されている
「粘土団子」に種をくるんで蒔くという緑化方法に出会ってから、
この星の上のあふれる命の数々は植物に支えられていることや
繊細で豊かな命と命のつながりについて
様々なことを感じ、考えさせられてきました。

「生きる力」を引き出すこと

粘土団子から芽が出る姿はいつ見ても「はっ!」とさせられます。

粘土団子

にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

ちなみにここ数日、Premier CS4での動画編集作業にどっぷりはまってました。
そのせいか、webを見ても、アニメや映画を見ても、編集工程が
空間を浮遊してくるという若干やばい状態です

『素材を生かす』ということは
命を育む、子供を見守る、生きる力を引き出す・・・
という視線に似通っているんではないかと感じる瞬間がありました。
まだまだど素人ですが、これからやりたい事がまた楽しみになってきた所です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

勉強できることは幸せだぁ・・・おやすみなさい。
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

洋子(吉田/江藤)

Author:洋子(吉田/江藤)
◇所属
アルファワイズテクノ株式会社
Earth Voice Project

◇興味
ソーシャルメディアの研究
粘土団子による家庭菜園
ミツロウのキャンドル作り

◇Personal
二児の母・愛犬はコーギー
福岡県出身

counter

検索フォーム

We Love Japan

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。